お知らせ

2020 / 02 / 15  08:00

第13回 ピアノ発表会④

第13回 発表会③

今回の発表会では

初企画にも挑戦しました。

 

出演者全員でお話を作り

そこに即興演奏を付けるというものです。

 

D65377E4-2828-46E6-91C5-883139ABDE44.jpeg

まず、レッスンの時にひとり一言

お話を文章を作ってもらいます。

 

一人目は『とても寒い冬の朝』

次にレッスンに来た子は

『外を見ると、辺り一面銀世界』

 

という具合に、前の子が考えた文章に

どんどん付け加えていきます。

 

最後までお話を知っているのは

最後の文章を考え第子だけ!

お話の行方は本番でお披露目です。

 

立ちながらピアノを弾く…

これは推奨しません。

でも、今回はお話を考えた順に並んでもらい

自分が考えた文章のところに

即興遠演奏をしていただきました。

 

即興演奏というと

『曲』を思い浮かべるかもしれません。

でも即興というのは必ずしも『作品』のような

仕上がりとは限りません。

 

お話の場面を想像して

そこにはどんなものが見えるか

どんな気持ちなのか

どんな音を使ったらそれらを表現できるか

どんな速さで弾いたら…

どんなエネルギーで弾いたら…

 

レッスン時にこういったアドバイスをして

本番でどう弾くか練習しました。

 

イメージを膨らませ

イメージに合う演奏方法を探すことは

レッスンで指導しましたが、

『即興演奏』なので楽譜はありません。

 

子どもたちが考えるお話も

意外な方向へ展開したり

せっかくお話が進んだのに

戻っちゃうの⁈ということがあったり…

でもそれが面白いのです。

 

お話の最後は

ベートーヴェンの『よろこびのうた』を

みんなで合唱しました。

2339C1C3-A834-4330-9C13-868C7E666CCB.jpeg

何故、この歌かと言いますと…

今年はベートーヴェンの生誕250周年!

第13回 発表会③

しかもお話の最後と

歌詞がよく合う!!

 

会場の皆さまも一緒に歌っていただきました。

みんなで一つの音楽を演奏する。

素敵な時間。

素敵な空間。

 

この企画、スリルもあって

とても楽しかったです。

そして何よりも子どもにとって

大切な『学び』があります。

 

また次回も企画してみようと思います。